Inside the hospital
院内紹介

hospital
Exterior
外観
img01
病院外観
img02
病院エントランス
img03
駐車場 17台完備
Introspection
内観
img04
受付
img05
受付/待合室
img06
待合室
img07
ウォーターサーバー(無料)
img08
診察室1
img09
診察室2
img10
手術室
img11
レントゲン室
img12
検査・処置室
img13
検査風景
img14
犬舎
img15
猫舎
Medical equipment
機器紹介
m01
ユヤマ 全自動散薬分包機
Mini-R48
身体の大きさの違う動物の薬の処方をより正確に、迅速に行うために導入しております。
m02
検眼耳鏡セット
眼、耳の中に光を当て眼球の異常、耳の奥の異常を観察します。
m03
富士ドライケム 免疫反応測定装置
IMMUNO AU10V
ホルモンの病気は微量な投薬量の調整が必要なため、代表的なホルモンの病気に即日対応できるよう、測定器を導入しています。
m04
日本光電 血球計数器
MEK-6558
血球成分は常に変動しており、身体の異常(感染症や貧血など)を把握する基本的な検査機器です。
m05
エムエス 超音波スケーラー
UDS-LËLEDライト付Í
歯科用超音波スケーラーです。この機器は先端のチップの超音波振動により広範囲に付着した歯石を砕き除去します。
m06
ナカニシ ビバメイト
G5 動物セット Y1002127
電動式マイクロモーターです。主に歯科で用い、悪くなった歯を分割し抜歯する際やスケーリング後にはを磨き上げます。
m07
大平 小型高圧蒸気滅菌器
OS・クレーブ80
高圧の滅菌機です。高い水蒸気圧をかけることができ、手術器具を滅菌状態にします。
m08
クロス 動物用麻酔機
アニセラーC9Ç クロス
動物用人工呼吸器 アニセラ8
動物に麻酔をかける際、吸入麻酔量と呼吸回数などを調節できます。
m09
フクダエムイー 動物用生体
情報モニター AM140M
動物の生命維持に必要な心電図、呼吸回数、酸素飽和度、血圧などを正確にモニターします。
m10
日本光電 マルチガスユニット
GF-119P
主に手術中に呼吸中の二酸化炭素濃度、酸素濃度、麻酔の濃度やかかる圧力を連続的に測定します。
m11
小動物専用 X線診断装置
VPX-500A
大型犬も余裕を持って撮影できる動物用のレントゲン装置です。
m12
レイビジョン 動物用デジタル
ラジオグラフィー
1417WCC_Wired
X線をデジタルデータに変換しモニターに表示します。従来のレントゲン撮影と比較し迅速にデータを確認できスピーディーな評価ができます。
m13
ヒューベス ICU アルタス
12L-F IIIコントロール
動物用ICUです。室内温度、酸素濃度、湿度など各部屋でコントロールできます。また下の部屋は大型犬にも対応可能です。
m14
日本光電 コクーン
コントロールユニット
CWS5000
麻酔をかけることで、体温が低下するため、主に手術中の動物の体温管理に用います。
m15
スミレ医療 動物用血圧計
ペットマップグラフィックII
7300
ペットマップ グラフィックⅡは、タッチパネルで操作するハンディータイプの動物⽤⾎圧計です。ハンディータイプなため様々な場所で短時間の⾎圧測定ができます。
m16
犬猫尿比重屈折計
血清タンパク2〜14g/100ml
尿比重 1000sg〜1060sg
尿の濃さ(尿比重)を測定できる動物用の屈折計です。
m17
キャノン 超音波診断装置
エグザリオ100GV
高画質の超音波装置で、より正確に細部まで写し出すことができます。
m18
LigaSure™
血管シーリングシステムと呼ばれる特殊な電気メスです。最大7mmまでの血管を止血でき、正確かつ手術時間の短縮が可能です。
m19
ドライケム 4000V
血液生化学の検査機器です。多くの項目を比較的早く検査できます。
m20
ICU(集中治療室)フクダエム・イー
工業株式会社Dear11
主に呼吸器疾患を患う動物の入院時に、空気中の酸素よりも濃い酸素を注入することで、動物の呼吸を楽にします。また、温度コントロールもできるので、低体温・高体温の動物にも対応出来ます。
予約

WEB予約

電話

TEL